お知らせ

体表面温度測定サーマルカメラのご提案

 

サーマルカメラとは?

その名前の通り、熱を検知することのできるカメラです。サーマルカメラが映し出す映像は熱画像(サーモグラフィ)と呼ばれ、人やモノの温度が高いところは赤く、低いところは青く表示されます。一般の体温計では検温するのに、最短でも数十秒要しますが、サーマルカメラは一瞬で映し出し、同時に体温の数値測定も行います。

サーマルカメラの導入効果

サーマルカメラは、遠方から撮影するだけで、発熱している人を簡単に見つけることができます。また、人の体に触れずに20人もの体温(体の表面温度)を一瞬で測定するのですから、一人当たり数十秒も要する体温計を使用することと比べれば、非常に効率よく発熱者を見つけることができるのです。昨今のウィルス感染対策の一つとして大きな役割を果たすと考えられています。

 

弊社独自の回転灯アラートシステムで、監視人員の削減にもつながります。

詳しくは営業窓口までご相談ください。

 

 

その他にも様々なスタイルのサーマルカメラがございます。

 

AI顔認証との連携で入場者の管理が可能になります。会社やスポーツクラブなどの入口に設置して、体表面温度測定や顔認証で従業員や会員様の入退管理にも活用できます。

 

簡単操作で運用したい場合はハンディタイプがおすすめです。ターゲット一人一人の体表面温度を正確に測定することにより、一定基準以上の体温測定異常等を迅速に見つけることが可能です。